バックナンバー

【朝刊】
この日は注目の米大統領選挙の第1回討論会が午後9時(現地時間)から始まるため、討論を見極めたいとして様子見ムードが強く積極的な商いが手控えられました。
2020年09月30日 | 続きはこちら »
【夕刊】
テレビ討論では政策や主張の内容だけでなく、テレビに映る顔色や表情、仕草も重要で、それらは見ている側に決定的な印象を与えます。両候補ともあらゆる場面を想定して、ボロを出さないように、あるいは相手にボロを出させるように幾度もシミュレーションを重ねているはずですが、過去においては討論会での失点が落選につながったケースもあり、司会者の技量も試されます。
2020年09月29日 | 続きはこちら »
【朝刊】
米民主党のペロシ下院議長が前日のテレビ番組で、追加の経済対策で共和党と協議を続けており、合意は可能だとの考えを示したことやダラス連銀が発表した9月の製造業活動指数が予想以上に改善したことなども支援材料となり、ダウは一時548ドル高まで上げ幅を拡大しました。
2020年09月29日 | 続きはこちら »
【夕刊】
毎年3月・9月末は再投資による相場押し上げが期待されますが、再投資の買い需要を当て込んだ短期資金の買いも相当額あり、そうした買いは売りに転換するのも早いため、短期的には波乱要因となりえます。
2020年09月28日 | 続きはこちら »
【朝刊】
航空機のボーイングが6%超の大幅高となり、1銘柄でダウを約65ドル押し上げ。2度の墜落事故を起こし運航停止となっている「737MAX」について、米連邦航空局が近々評価飛行を行うことになったことや、欧州航空安全局が11月中に運航再開を承認する可能性があると報じられたことが材料視されました。
2020年09月28日 | 続きはこちら »
【朝刊】
ダウは一時331ドル高まで上げ幅を拡大しましたが、記者会見した米民主党のペロシ下院議長が追加経済対策で譲歩する姿勢をみせなかったことがブレーキとなり買いが失速。指数は再びマイナスに転じる場面がありましたが、引けでやや持ち直し続落を回避しました。
2020年09月25日 | 続きはこちら »
【夕刊】
先日は「DCMホールディングスが島忠に対するTOB(株式公開買い付け)を検討」、本日は「三菱UFJリースと日立キャピタルが合併」と報じられていますが、コロナ禍の影響が長引く中、こうしたM&A関連のニュースは今後ますます増えてくるものと思われます。
2020年09月24日 | 続きはこちら »
【朝刊】
複数の米連銀幹部が政府による景気対策が不可欠だとの認識を示したことも足元の景気の悪さを意識させ景気敏感株が下げ幅を拡大。米司法省がインターネット企業に対する法的保護を制限する法案を議会に提出したことや資産運用会社が新型コロナワクチンの承認による米ハイテク株の上昇相場の終わりを予想したことも投資家心理を悪化させハイテク株が下げ幅を拡大。
2020年09月24日 | 続きはこちら »
【夕刊】
発表元のIHSマークイットは、9月のPMIについて「経済状況がさらに 悪化しているという状況を説明している」としつつも、「新型コロナウイルス感染症大流行ピーク時と比較するとかなり良くなっており・・・業況は年初以来最高の改善をみせ、特に製造業は今後1年間の見通しを上向きに捉えている」との見方を示しました。
2020年09月23日 | 続きはこちら »
【朝刊】
東京市場が休場している間、18日から22日までの合算でダウは613ドル(2.2%)下落しましたが、ナスダック指数は53ポイント(0.5%)の上昇となっています。
2020年09月23日 | 続きはこちら »